見出し画像

外部CTO的顧問先募集!

siroの松山は、いくつかの取引先についてはまるで外部CTOという形で仕事をしてきています。契約を正式に交わしているわけではないので、まるでとつけてますが、テクニカルな話を100%松山を通す形でやってくれているところもあります。

もともとの信頼関係もあるので、自然とそういう形になっているのですが、まるで顧問先の会社にも喜んでもらえてる実感はあります。

BASSDRUMのおかげもあって、テクニカルディレクターという職種の認知も上がってきたこととおもいますので、siroとしてもこの外部CTO的顧問契約を実際に進めてみたいと思っています。

BASSDRUMでもこの外部CTOについて話し合った記事が上がってますので、ぜひ御覧ください。

できること

1. 展示に関わることはテクニカルに限らずいろいろケアできる
2. Slack等のコミュニケーションツールを介して割といつでも話せる
3. テクニカルなフィジビリティのチェックがすばやくできる
4. プロジェクトの進行についてなにから取り掛かるべきか判断できる
5. いろいろな制作や開発について最適なフリーランスをアサインできる
6. 硬直した会議をほぐすことに協力できる
7. 実はクリエイティブなチームを作るのが得意

適合する状況

インタラクティブな展示などテクノロジーを使った展示を扱って行きたいと思っているが、社内にエンジニアがいない。

IoT等のテクノロジーを使った事業を模索したいが、社内にエンジニアがいない

新規プロダクト開発にあたってスピード感を持って進めていきたいがプロトタイピングの担い手がいない

新しいアイデアをもとに新しい事業を模索しているが議論が硬直しがちで、ほぐしてくれる人がほしい

付き合い方は相談して決めましょう

コミュニケーションの手段はSlackをメインとして行きたいと思っていますが、その辺は柔軟に対応できると思います。

例えば、Slackでのやり取りを基本として可能な限り対応。別途、訪問しての稼働については月に3回まで。とか。

料金についてはまだ明確な指針はありません。まずはお試しと思っていますので、話し合って金額やルールを構築していきたいです。基本的には月額制で一定の金額をベースにし、規定以外の作業に協力した場合は別途という形かなと思っています。

まずは最大2社募集

顧問として稼働できるのは、siroの松山とあと1人。同じくBASSDRUMメンバーである泉田の2名とします。泉田とは、siroの仕事もたくさん協業してます。siroはギルド式ではないですが、ギルドメンバーみたいな感じです。(泉田はフリーランスで、BASSDRUMとBluePuddleに所属している)

松山と泉田の2人いますが、2人で2社としたいです。相談しあえる状況を作りたいので、1人1社ではなく、2人で2社です。

気軽に声をかけてください

新しい働き方について我々は本気で取り組んでいこうと思っています。まずはお試しということで気軽に声をかけていただけたらと思います。

こちらまで連絡ください。hello@si-ro.jp

最後に泉田も同様の記事を書いているので、そちらのリンクも張っておきます。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4
siro Inc.
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。