2021年の買って良かったもの
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

2021年の買って良かったもの

chiemi

2年目のコロナ禍となった2021年も間もなく終わりを迎えようとしています。皆さんにとっては、どのような1年だったでしょうか?ベースドラムは今年も大勢の方のご支援とご協力により、テクニカルディレクションを通して活躍の場を広げることができました。心から感謝いたします。
さて、そんなベースドラムメンバーのQOLを上げてくれた「今年買って良かったもの」を昨年に引き続きご紹介させていただきます。一年の締めくくりとしてご覧いただければ幸いです。

■ 中田拓馬の今年買って良かったもの

アーティストとしても活躍するお料理上手なテクニカルディレクター、中田拓馬が教えてくれた今年のお気に入りアイテムは、東芝のオーブンレンジ

「今までホームセンターで売っている安いオーブンレンジだけで生活してきたが、そこからの鞍替え。パンの発酵温度(30〜40度)を維持できることが最高に嬉しい。他にもグリル系の調理が簡単にできるので夕食に割く時間が減らせる。凹凸が少ないので掃除も楽。」(本人談)

中田がパン作りについて語る「BD LIVE vol.36 料理とテクノロジー 〜加工編〜」は本日12月24日(金)よりYoutubeにて配信中です。ぜひご覧ください。

■ 鳴海 侑希の今年買って良かったもの

今夏ベースドラムに参画したBD唯一のZ世代、テクニカルプロジェクトマネージャーの鳴海は、自宅にあると便利なこちらが今年購入したお気に入りアイテムだそうです。

「美味しい天然水の冷水と熱湯がワンプッシュで出てくる。こまめな水分補給やお昼に食べるカップスープ、目覚めの白湯やコーヒーの準備が格段に効率化された。リモートワーカーとして過ごす日々の中で、いちいち冷蔵庫からペットボトルを出して蓋を開けたり、ケトルでお湯を沸かす時間も手間も無くなり非常に買ってよかったと思っている。」(本人談)

■ 池田 航成の今年買って良かったもの

ベースドラムきっての美容男子で京都在住のテクニカルディレクター、池田が教えてくれた今年一のアイテムは、こちら。

「幼い頃、朝になるとよく祖父が熱いお湯に浸して絞ったタオルで顔を拭いていて、僕も一緒にそうしていた。タオルはアツアツなくらいだったが、それが非常に気持ち良かった記憶がある。スチームの温かさで肌の調子も良くなる気がするし、なにより祖父が絞ったタオルにも似ていて、目や顔全体が温められるだけでなく、実は結構リラックスもできてメンタルにも良い感触があり、習慣化している。」(本人談)

池田が出演した「BD LIVE vol.26 美容テックで自分の身体をアップデート」は以下よりご覧いただけます。

■ 渡島 健太の今年買って良かったもの

最後にご紹介するのは、ベースドラムにも所属するAchrome(アクローム)渡島健太。最近は事務所で渡島を見かけることが殆どありません。

「以前からリノベーションに興味があったので、中古マンションを買ってフルリノベーションしました。特に書斎は日中の活動のメインになる場所で、机の高さや脚の位置、コンセントの位置も含めて細かく調整したかったので自分でモデリングしました。結果、居心地が良すぎてほとんど家に引きこもっています。」(本人談)

画像1


2021年は4名のメンバーの「今年買って良かったもの」をご紹介しました。いかがでしたでしょうか?
それでは、皆さんもお体にお気をつけて良い年をお迎えください。来年こそは穏やかな一年となりますように。今年もありがとうございました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
chiemi
BASSDRUM PR + Community Manager https://bassdrum.org/